写真はクリックすると大きく表示できます。

2015年2月5日木曜日

復讐

首相「報復」発言に米で注目 日本では異例と各メディア

http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015020301001967.html
【ワシントン共同】過激派「イスラム国」に対して「罪を償わせる」と誓った安倍晋三首相の発言に米メディアが注目している。激情をのぞかせた物言いが日本の政治家としては異例と受け止められている。


「パイロット殺害」:映像にヨルダン軍「同等の報復行う」

http://mainichi.jp/select/news/20150205k0000m030068000c.html
ヨルダン軍は「同等の報復を行う」と宣言。米軍主導の有志国連合による対IS空爆が強化される可能性もある。


空爆への報復強調 「イスラム国」ヨルダン参加非難

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2015020502000149.html
>【カイロ=中村禎一郎】イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」を名乗るグループが三日公開した、ヨルダン軍パイロットのモアズ・カサスベ中尉(26)を焼殺したとする映像は、ヨルダンを含む有志国連合による空爆に対する報復の意図が強くうかがえる。


それぞれが復讐に復讐に復讐…を続けていってしまう。


地球の謎解きさんのこのサイトについてから

以下一部抜粋です。

【宇宙の始まりは最初に意識があらわれ、それから原子が生まれたので、全ての原子に意識がある】
ということで、岩、生物、雲など全て形あるものは原子からできているからです。

なぜ、このようにして地球の謎を解くことが知らされるかというと、地球がいつまでたっても大昔の教えの宗教に囚われて争いの絶えないので、なぜ地球は水の惑星で生物が住んでいるか?など、地球の謎とされることに目を向け、これまでの思い込みを捨て去ることによって、地球を平和にするためだそうです。
特に宗教の違いによって争いの絶えないので、宗教の始まりも詳しく知らせてきています。
そしてイスラムの《目には目を、歯には歯を》という解釈が、復讐の教えとして受け取られているのは間違いであり、

《目には目を》は、”見て楽しむ”ものをもらったら、
同じく見て楽しむものをお返しするように。
《歯には歯を》は”食べて”おいしいものという意味で、もらいっぱなしにして

『地球の富を独占してはならない』

という教えだと知らせてきています。

(これは特に一部の人間が富を独占し、多くの人たちが飢えに苦しんでいることが間違っている。地球が与えてくれるものは平等に与えられるべきだということです)

そして地球の平和のためのもうひとつは、パレスチナ人とユダヤ人の先祖は同じであったという証拠が、エジプトの砂漠から出てきた舟が知らせていると伝えられました。
  
それでこれらの情報をまとめた《ソラからの物語》はアラビア語、英語、ヘブライ語などに翻訳した冊子を各国に贈らせていただいていました。

故アラファトの情報
シャロンとユダヤ教


0 件のコメント:

コメントを投稿