写真はクリックすると大きく表示できます。

2014年10月1日水曜日

火山の噴火についてのお知らせなど

御嶽山の噴火、
被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。


以下、地球の謎ときさん http://sora.ishikami.jp/  のお知らせのコピペです。

2014年10月1日(水)
御嶽山の噴火、最初の教会、山口県、ユダヤ人、平戸、湯川、熊本城の石垣、

※この記事は会員用です。読者の方のホームページでも引用等はしないでください。

#)平戸など北九州、熊本を回ってきました。平戸市での異常な朝焼け雲で、宗教のエネルギー体がこのような黒い塊で支配されることをとても嫌だと、次の日の御嶽山の噴火で知らせたと。多くの山の上には宗教関係のものがあり、以前の普賢岳噴火の時も普賢と言う仏教の名前を付けられるのが嫌だと伝えてきていました。
http://sora.ishikami.jp/image_earth/index.php?id=20140928213124
#)日本の最初の教会は平戸だと思っていましたが、山口県でした。山口県出身の首相が多いのと、明治天皇が山口県田布施出身というのはなぜか不思議でしたが、明治政府の時から山口県出身の政治家に、キリスト教を通して外国のお金が差し入れられ、外国の言うままの日本になったと言葉になりました。http://www.i-unic.com/contents/boucho/sabieru/sabieru.html
#)火山の噴火についてのソラからの情報を改めて読んでいただきたいと思います。http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20110614231644

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

上記事の一番下の火山の噴火についてのソラからの情報のリンクページ

2011年6月14日(火)
マグマ、地下水路、カナート、火山稲妻、マリアナ諸島、東大寺、5重の塔、三角山、綾部、

これまでの科学が地球の変革に大きな関わりがあるようですので、連絡役としてお知らせします。 中指と薬指の間のサインがあって目を覚め、かすかな言葉になっていく。「マグマはなぜ地球の中で(密閉されているのに)いつまでも高温を保つことができるか科学者に聞いてください。酸素がないと燃えて熱は出せません。(冷たい水で囲まれた地球は誕生してから何億年と冷やし続けていると言っている星なのになぜマグマが)高温を保てるか説明をしてもらってください。火山の噴火は原子が外に出ようという思いで飛び出してきます。そして酸素と出会ってはじめて燃えて高温になることができるのです。火山の雷はそれを知らせています。原子(Si)たちは狭い地下から外にでて自由になれるので、たくさん火山灰を噴出するのです。たくさんの火山の噴火の稲妻は、(地中から外に出てきてはじめて) 酸素に触れて光や熱を出すことを知らせているのです。(水中でも水の酸素と結合して熱水になる?)」  地球のマントルは、大陸地域で地表約30~70kmから、海洋地域で海底面下約7kmから約2,900kmより下の層を指すそうですが、それもやはり自然になったからと説明されるでしょう。一番不思議なのが、深海は高温といわれるマグマの近くへ行くのに、なぜ水深 3,000 m 以深では低温の1.5℃ 程度で一定になるのでしょう?ソラからの情報では、地球の中には高温のマグマは存在せず、地下空洞が縦横に走っていて、海の水が濾過されて真水の川や地下の海になり、遠く離れた地域に湧水として出てくる。それを利用したのがイタリアなどの噴水や砂漠のオアシスやカナートなどの地下水路。又、イシカミの意識が連絡しあって、遠く離れた地域で同時地震を起こしたり、遠くはなれた国で似た文明が発達したりしていると知らされます。その地下空洞や地下水路の複雑さは火炎土器の模様であらわしていると知らされています。カナートhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%88
#)噴火はなぜ雷を呼ぶのか:「粒子の帯電」現象の謎
http://wired.jp/2010/04/08/%E5%99%B4%E7%81%AB%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E9%9B%B7%E3%82%92%E5%91%BC%E3%81%B6%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9A%E3%80%8C%E7%B2%92%E5%AD%90%E3%81%AE%E5%B8%AF%E9%9B%BB%E3%80%8D%E7%8F%BE%E8%B1%A1%E3%81%AE/
から「帯電は粒子の大きさに依存し、小さな粒子は負の電荷を、大きな粒子は正の電荷を帯びる傾向があることを証明している」と書かれています。ソラの情報では『Feの大文字のFと小文字のeとの高低差が電気を発生する』と、早くから知らされています。同じくシリコンSiが地上に噴出することで、Sとスモールi に分かれて、その高低差で電気が生まれるということです。又「粒子を帯電させる背景電場がどこから来るのかなど、依然としていくつかの疑問が残されている」ということに対してのソラからの答えは、『ソラからの情報に全てつながる「原子が思いを持って行動をしているから」』ということです。原子記号がなぜ電気が発生すると説明できるかというと、原子記号も全てイメージとしてソラから科学者に与えられているからです。人間の脳で考えた記号ではないからです。
#)火山の噴火でSi(珪素)が分解してスモールi が違う原子やニウたちと結合して別の原子になる。それがリチウム(Li )チタン(Ti ) ニッケル(Ni )、銅の悪魔)、イリジウム(Ir ) などで、その中にはレアメタルとして人間が取り合いをするようになる物もあり、それらの原子が暴走しようとしている。又、テルル(Te )など新しい原子の発見が増えているそうですが、それらの原子や、原子にならないニウたちが、「思いを持っているということを認めないので暴動を起こそうとしている」ということを中国の民衆の暴動で知らせているそうです。

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。