写真はクリックすると大きく表示できます。

2012年5月30日水曜日

お知らせから


以下全て 地球の謎解きさんのお知らせより。


2012年5月30日(水)
目の星雲、アインシュタイン、E=mC2。、池田カネコ、蛇使い座の女王、細野大臣、土星の輪、幸福の科学のエネルギー体、ソラ画像、死後の世界より、

螺旋状星雲の“目”が、いわゆる“おてんとさん”が見ている目だと思わせて、一番強力に支配していたと思われたヘビ使い座などを育てた星のようで、バックで支配していたようで切り刻みました。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2012052102&expand
アインシュタインの大きく舌を出した写真は有名で、本人も気にいっていたそうですが、大きな意味が隠されていました。ソラからの情報によるとアインシュタインは“ヘビ使い座の大王”であり、人間を科学という名の元に閉じ込めてきた。そのことをヘビ使い座は舌を出して人間を愚弄してきた」と言葉になります。アインシュタインは原爆を推進し、ソラの情報と通じることがあるという量子力学を否定していたそうです。
http://arbroath.blogspot.jp/2009/06/print-of-iconic-einstein-photo-sells.html
難しいことは全くわかりませんが、アインシュタインの有名な相対性理論のE=mC2 の “Eはエントロピー(=情報量)としか発音できなく、ソラの解釈では「Eの形は、天と地と地下を結ぶことをあらわし、mはヘビ使い座が支配するミナノコたちが連なって悪さをする。Cの二乗は、丸(=輪になる=仲良くする)にならないモノ(C)が、とても多いことをあらわす」と。すなわちアインシュタインの相対性理論の基礎になる式は、宇宙でも地上でも、地下でも悪さをするもの(=ヘビ使い座)がとても多い(=強力)ことを知らせているということになるそうです。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%85%E5%A0%B1%E9%87%8F

0 件のコメント:

コメントを投稿