写真はクリックすると大きく表示できます。

2012年4月30日月曜日

PTAの役員は、他の方と知り合いになり、色々困ったことを相談したり、
助けられたり助けたりしつつお仕事したり、少しはいいこともありました。
でもアルバイトを早引きしなきゃいけないことも多くて、
言う委員さんもいるので、
(文句言うなら、委員長を今からでも引き受けて欲しいのだけど)
大変なこともあります。
でも勉強になるので、今与えられた役割を頑張ります。

2012年4月26日木曜日

PTA

くじ引きで子供の学校の○○委員長なる役に当たってしまいました。
なってしまったからには役割をこなすしかないなと思います。

PTAで検索したらこんな記事があったので、参考までに、、
http://no-pta.com/modules/d3forum/index.php?post_id=450
(社)日本PTA全国協議会の役員には給料・賞与・退職金まである。
>共働きなんて当たり前の世の中で、学校単位のPTA役員はなり手がいなくて本当に困っている。>皆が仕事との両立に苦労しながら、ボランティアで役員をこなしている。
>役員に給料・賞与・退職金を払ってまで(社)日本PTA全国協議会を維持する必要はない。

日本PTA会館の維持管理基金として6千万円が計上されている。
>日本PTA会館は、いったい誰のものだ??? 普段は何に使っているのか?
>基金を設立してまで日本PTA会館を維持する必要はない。

学校でお仕事しながらとか、下に小さいお子さんがいる方、介護をしながらも、
PTAの役員されている方もいると思う。みんなボランティアだと思うのですが、、
上のような甘い汁を吸っている方がいるのなら、大変ななか業務を引き受けられる人も
いるから負担を減らしてほしいなと思います。

委員長なんて本当に嫌だけど(><)
たぶん、自分のイシキが自分に足りない部分を勉強したくて、望んだ経験。
そのときは大変でもあとで良い経験をしたと思えるかもしれない。


2012年4月4日水曜日

嫌なことも “必要があって起こった”  と、それを前向きにとらえて乗り越えると、必ず後から納得出来るようになると思います。

「地球の謎解き」さん2003年1月17日のお知らせから一部抜粋
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20030117121013

>宇宙人云々も、“98年までには本当にあった!” と今でも思っています。
これに関して書くと長くなりますが、瞑想をさせて乗り移る計画だったということです。
瞑想して自分をカラにすると、いたずらエネルギー体などが乗り移ってきて、人間をコントロールしようとすることでもあります。

>ソラやイシカミに意識を向けると、 本当の意味!で悪いお知らせはないはずです。
ただ何度も言っていますが、イシキ (潜在意識) の考えは顕在意識とは違うので、現実には嫌なことは起こります。
それはイシキが “進む道が違っていますよ” と知らせたり、
“これまでのカルマを一気に清算しよう” とか、 
“あまり平凡なのはタペストリーが綺麗でないので変化を求める” とか
その人のイシキが思うので知らせているようです。
けれども嫌なことも “必要があって起こった”  と、それを前向きにとらえて乗り越えると、必ず後から納得出来るようになると思います。