写真はクリックすると大きく表示できます。

2012年11月18日日曜日

ソラからの情報1発売

ソラ星出版さんからソラからの情報1が発売されます。


地球の謎解きさんお知らせ http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20121118003813
ソラ星出版さん http://book.ishikami.jp/home.html
ソラからの情報1の詳細 http://book.ishikami.jp/pub.html#info1
ソラからの情報1の目次 http://book.ishikami.jp/idx_info1.html

以下 お知らせから
新刊【ソラからの情報1】の発売について
日頃は皆様の応援をありがとうございます。
以前からソラに催促をされながら、なかなかまとめることの
できなかった【ソラからの情報1】をようやく発売できることとなりました。
これもひとえに皆様の応援の賜物とお礼を申し上げます。

11月24日発売で、11月26日から発送を予定しています。
詳しくは
http://book.ishikami.jp/home.html
をご参照ください。
【ソラからの情報1】

1998年から地球の平和のために知らされてきたソラからの情報を、最新の情報を反映してまとめましました。
イスラムの教えの違いと、ユダヤ人とパレスチナ人は同じ先祖であったということを知らせることで、地球は平和になるとソラのものたちは思っていたようです。
けれども、2000年にも渡り刷り込まれたこれまでの考えからほとんどの人たちは抜け出ることもなく、多くの地球の謎も分からないままでいることを選んでいます。
それに対してソラのものたちは、地球がどうして水の惑星になったか?巨石遺跡はなぜ突然あらわれ消えていったか?など、地球の謎の答えを次から次へと教えてくれました。
ソラから情報の内容はとても広範囲で、まとめるのは困難を極めましたが、地球上に残されたあらゆる遺跡や遺物などの画像をできるだけ多く証拠として、 知らされた情報をまとめました。
まだまだたくさんお知らせしたいことはありますが、まずはできるだけ多くの方に知っていただきたく大判の冊子としてまとめました。

定価は4冊までの場合は1冊800円、5冊以上9冊まで700円、10冊以上1冊600円です。
(同時にご注文の場合に限ります)
送料は郵送料実費です。
尚、お求めは直接弊社まで、店頭では販売されません。
メール・FAX、お電話でお申込みください。

ソラ星出版株式会社
〒669-1525
兵庫県三田市対中町1-14-1006
メール: book@ishikami.jp
TEL:06-4560-1413
FAX:079-506-3925

2012年10月2日火曜日

以下全て、HP「地球の謎解き」さんの皆様からのお便り
http://sora.ishikami.jp/letter/index.php?id=20121001184625
から




読者のブログ「ソラにあいさつ」さんより「謙虚でいること」

http://soraniaisatu.at.webry.info/
さんより

私がソラの情報に出会って、一番自分でも変わったと思えるのはものの考え方・受け止め方です。
何か自分や周囲の人に何か起こったときに、まずその出来事が何を意味しているのかを考えるようになりました。
大きな出来事、大変な出来事であればあるほど人は動揺し、パニックに陥りがちです。
でも、原子に意識がある=全てのものに意識があると知ってからは、それが小さな出来事でも大きな出来事でも、必ず意味があって何かを伝えようとしていると捉えると、冷静に物を考えることができて余計なエネルギー(怒りや悲しみ、妬みなど)を使わなくて済むようになりました。
そのときすぐにどういう意味だかわからなくても、きっとこの意味がわかるときが来る、だからそのときまで待っていようと思うことができるようになりました。

意味がわからないことを怖いと騒ぐほどこと愚かなことはないと思います。
ソラの情報はすこし未来のことを伝えられていることもあるので、お知らせの記事を読んでもすぐに何かとリンクするわけではないこともあります。でもそのときに、自分の都合のいいように解釈するのでなく、それがどんな意味だかわかるときが来る、私はそれを知りたいんだという気持ちを持っていると、ふとした拍子にそれがどんな意味かわかり、それが身近なことで起こっていた出来事や、身近でないところで起こっていたいろんな出来事につながったときに鳥肌が立つほどの驚きがあって、本当に不思議な体験をいくつもさせてもらっていると感じています。
ソラの情報に出会ってから、待つという謙虚さを持って、大きな出来事で知らされたことを自分に非があるのでないかと一旦謙虚に受け止め、そこからまた大事なことを学んで成長していこうと思うことの繰り返しで、どんどんと自分が精神的に豊かになってきていると感じています。
自分勝手な解釈をするのでなく、ソラの情報を理解したい、成長したいと思う気持ちに必ずソラは応えてくれるからです。
待てずに自分は悪くないと謙虚さを忘れると、せっかくソラが選択肢を与えてくれていても、間違ったほうへ進んでしまい、気付くチャンスを逃してしまう。
『自分は悪くない』と思う、その傲慢な気持ちがそもそもの間違いだと気付くべきではないでしょうか。
自分は悪くないという思いを言葉にして自分をガードしようとすると、ガードしているつもりが実は墓穴を掘っている。
そういうことをいくつも繰り返し、ついには後戻りできない、取り返しのつかないことになっていく。
道を間違うというのはそういうものかもしれません。
http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20070801203016
広場から更に奥に入る入り口。
この門を潜り抜けるのは腰をかがめないと入れない。(=謙虚な気持ちでないと入れない)
この画像を初めて見たときから、常に謙虚さを忘れないと自分に言い聞かせ続けようと決めました。
ソラの情報を理解して生きていく指針にするには『謙虚な気持ち』が一番大事だと、この画像が教えてくれていると思います。

(とても大切なことがわかりやすく書かれています。
陰謀論や極端な放射能の異常の怖がりなど、かえってそのことで日常生活に支障をきたすようです。
偏りすぎた情報を信じて、このソラの情報とくっつけてネットで流されることは、誤解を招きやすいのでお断りしています。
なぜなら少しずつ進む道が違っていき、気がついたときにはイシキに支配され、とんでもない道を進むことになるからで、現実に思い当たることがあります。BY Taeko)

2012年9月19日水曜日

最近読み直したお知らせメモ

ソラからの伝言さん 2001年9月21日のお知らせ「イエスとマホメットより」から
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20010921102637
朝起きるとすぐ。「イエスとマホメットです。 ようやく星に戻れました。
ようやく一仕事を終える事が出来ました。真実の話を伝える事ができました。ここから見ると人間はおもちゃの兵隊に見えます。何も知らないことばかりです。みにくい争いは、星たちから見ると、無限の闇に突き進んで行くだけに見えます。今しばらく立ち止まってください。そして、かわいいお花がどうして咲いているのか?人間は、なぜ存在しているのか?。又、なぜこのような激しい憎しみの感情が湧いていてくるのか考えてください。それは自分のわがままから来ているのです
。自分の信じていたことを否定されたから、そのような感情を持つのです?人間の思いこみを取り去るには、星たちにお願いしてください。“私の頑固な思いを溶かしてください。 そして素直な心にしてください” と。
そうするとあなたのイシキ (霊) さんは入れ替わって? くれます

2012年9月14日金曜日

最近読み直したお知らせメモ

地球の謎解きさんの2006年11月30日のお知らせ
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20061130213522
から一部抜粋

#)この情報には精神世界のような、耳に心地良い言葉ばかりではありません。これまで地球に残されたふしぎな謎や、自然が知らせていることなどの謎を解いて行き、そこに焦点を当てられている方は、この情報を理解し応援してくださいます。
けれども自分の心の安定のためなど、自分にとって都合の良いこと (利益) が書いてあることだけで近づいてくる人にとっては決して長続きはしません。そして情報を自分のためだけにつまみ食いしながら、この情報を発信することをカルトと攻撃しているのをソラのものは見ているでしょう。
そのことについて99年ごろハサミ虫という穀物模様で知らせていますが、宇宙のモノたちはこの情報に出会うように、まるでハサミ虫が掴むように情報に出会う機会を与えるようです。
けれどもこの情報につながっても、その後のお知らせについていけるか、その辛いお知らせを乗り越えることが出来るか、乗り越えることができない人は、ハサミムシのお腹から出て行って、又やり直すというのが宇宙の計画のようです。
宇宙がどのように進んでいくのかわからないのでなんとも言えませんが、宇宙は試練を乗り越える強さを求めているのでないか
宇宙がどのように進んでいくのかわからないのでなんとも言えませんが、宇宙は試練を乗り越える強さを求めているのでないかと最近は思っています。
私は情報をお伝えする役ですので、自分に都合の悪い情報があるからと離れるのも全くの自由と思っていますが、反論するのであればまず情報に対する反論をしてほしいと思います。
ここまで

2012年9月7日金曜日

最近読み直したお知らせメモ



地球のなぞ解きさんのお知らせから一部抜粋

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20031106081910

2003年11月6日(木)
宗教、仏教の成り立ち。

仏教について、知らされた事をお伝えします。確かに本当に純真なお心で仏教に関わっておられる方が多いことも存じております。私もキリスト教の教えからの決別がなかなか出来無かった時、その系統の過激なカルト宗教(海外の拠点) から組織ぐるみで攻撃され、2回PCを壊されました。その事で宗教から離れる事が出来たのですが、その頃に見せられた夢は、“立っている土地のすぐ横が、ストーンと沈没してしまい、そこを覗き込んでも霧があるのみで何も見えない”というショックなものでした。意味は、【きれいな言葉に惑わされないで、これまでの思いからきっぱりと別れる事】とソラのものから知らされました。という事で仏教についても伝えられたことを簡単にお知らせしますが、チャネリングで知らされた事ですので判断は、ご自由になさってください。http://sora.ishikami.jp/stories/syakabudda.html

2012年7月22日日曜日

最近読み直した気になったお知らせのメモ

地球の謎解きさんの2004年4月12日(月)お知らせ
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040412112116
から

ゲリラを育てた人たちへ、 地震雲? 
2004年4月12日
次のことはやはりイシキの言葉ですので、顕在意識が同じ思いかは全くわかりませんが、目覚め前に割とはっきりと口は動き伝えられました。
「ゲリラを育てた人たちへ。
あなた達は地球の富を自分たち一部の人だけで独占し、これ以上の贅沢はできない位の暮らしをしてきました。
(それに反して) 同じ兄弟である私たちは動物以下の暮らしを強いられ、お互い元をたどれば兄弟を殺しあうように教えられてきました。
(お金持ちの資金でテロを養成した事?)
その事になぜ今まで気付かなかったのか残念です。
そして世界の各地で知らされていた穀物模様、大昔からあった不思議な岩がなぜあるか、私たちは何も知りませんでした。

* ソラのものとイシカミが知らせてきた情報 = 地震雲や穀物模様、不思議な岩とはリンクのいろいろな岩。
http://ishikami.jp/sora/gazou/obi_crop03/index5.html 
http://sora.ishikami.jp/image_dir/special/cloud/
それら (がなぜ出来たり、あるのか) の意味を知らしてくれていた情報も、6年も前に公開されていたのに意図的に隠され私達の元には届きませんでした。
その事 (隠してきた) をしてきたのが、日本の政府でありマスコミです。
自分たちは平和な国に暮らし、私たち (アラブの大衆) を見下してきました。
なぜ、人殺しをするようになったか、私たちは気付かないまま大きくなりました。
私たちはこれまで教えられてきた事を忠実に守って来ただけです。
アメリカのテロで消えていった仲間の言葉を知らされていたとは、全く知りませんでした。
*(2001年9月21日より12月までのお知らせにビンラディンよりのメッセージあり)
彼らの本当の目的をメッセージで送っていたのに、私たちの所には全く届きませんでした。
全て、全て、全て!!!!! (これは何度も繰り返していました) 100%私たちが悪いようにしか、 (アルジャジーラを除いて) マスコミも伝えていません。
今、 (アメリカのテロリストが) イシキとして平和な体験をしに降りてきていると聞きました。
それに反し、現世での権力者などは、 (向こうの世界=死後の世界では) 責められていると聞きます。
私達はこれまでの神を本当の神に置き換えるだけで、 (ソラからの情報?を) 心から信じる事が出来ます。
(私たちは) 死ねば何もないと思い、学問で学んだ事が一番正しいと思っている人々を哀れに思います。
なぜなら私たちは死んでからの方がずーと長いことを知っているからです。
今の日本の政府は自分たちの事 (面子を保つためにはどうすれば良いか) しか考えていません」
それを北海道、マチュピチュ、パキスタンのイシカミが知らせたそうです。
パキスタンでお亡くなりになった方にお悔やみ申し上げます。
【地震雲?】
昨日、あまりはっきりしないけど変わった雲だと思っていたら、地震雲だから撮ってと伝えられたのが、↓の4月10日の写真です。
http://sora.ishikami.jp/image_dir/special/cloud/
まっすぐ西に向かっているのが、ソラのものがイシカミに頼んであらわしてもらった雲だそうで、下の方にもこもこしているイシカミ雲も一斉に西に向かって移動いているようでした。
この夜12日AM3時、西にあたる釧路地方でM5,7の地震がありました。
その他、マチュピチュ、パキスタン北部で大雨被害。

2012年7月20日金曜日

ソラ画像から 仁徳天皇稜と履仲天皇稜

「地球の謎解き」さんのソラ画像より

以下の文全てソラ画像から

2012年7月17日(火)《追記》仁徳天皇稜と履仲天皇稜
手前の古墳は仁徳天皇稜に比べて大分小さいです。
これらはイシカミの原子たちが、粘菌のようになって山から移動してきたと知らせてきていましたが、雲で再び同じことを知らせてきました。
http://sora.ishikami.jp/image_earth/index.php?id=2012071720...

すなわちかっては日本海と瀬戸内海はなかったので、太平洋の海水を飲みにイシカミのミナノコの原子たちが連なって大山からやってきて、この形で固まったと。
頭部の半円はいて座、身体のやや裾広がりの長方形はシリウスをあらわし、それが合体したのが、前方後円墳です。
(円墳だけとか四角の塚もあります)
《2012年7月18日追記》
この形は子供のミナノコをあらわし、小さな手は”手をつないでやってきた”ことをあらわしています。
(以前はイシカミが固まった最後の形のΩをあらわしたとも言っていたが、
どちらの正しいと)
明治政府が出来るまでこれらには自由に出入りが出来ていたが、明治政府が天皇家を巨大な勢力を示すために、勝手にこれらの塚を天皇家のお墓にしてしまったのです。
そして未だに田舎であろうが、立派な塚は全て天皇家と関係があると、立ち入り禁止とし、学者さんさえ入らせないようで、ソラは一貫して厳しく天皇家、宮内庁を弾劾しています。
大昔、食料を得ることだけで一日が終わったでしょうに、この塚と人間の大きさを比べて、果たしてたった一人の権力者のためにこのような巨大なお墓を造れるでしょうか?人は点にも見えません。

2012年7月5日木曜日

親知らず

地球の謎解きさんの2002年6月22日のお知らせ
親知らず、水晶、稲の発祥、牛の変死。」から一部抜粋
親知らず】 は何故生えてくるか? と言う質問に「それは人間を連れて来たイシカミを、思い出してもらうために作られました。(以前、ソラのものが人間を創る時、歯はイシカミのアドバイスで作られたと知らされた = しめ縄岩のように岩の間に小さな石が並んでいる)大人になってから何故生えるかというと、歯の謂れ (=イシカミが作った) や肉体の大切さを知ってもらうためです。人間の身体を作るのにどれほどソラのものが苦労したか (素晴らしい肉体の作用)、叉細胞たちの生みの苦しみ (=細胞分裂) を少しでも知ってもらうために、わざわざ遅く生えるようにしたのです。人間は自然に何の苦労もなく大人になったと思っていますが (特に若者)、多くのあらゆるものたちの苦労のお蔭で、その肉体が出来ている事を気づいてもらうために “親知らず” を生やしているのです

2012年6月25日月曜日

消費税をあげてはいけないと思う。明日本当に法案が通ってしまうのか、
政治家は、早く宗教法人からの税金と、皇室をなくすことを検討してください。

2012年6月22日金曜日

夢の記録

家の中でホースで水をまいている人がいて?雑にするので??、テレビに水がかかる。
テレビの中に、シミ(紙を食べる虫)がいたのをみつけたので、駆除する。
駆除したあと、ティッシュを開いてみると、細い体に、青くて八角形の宝石のような気持ち悪い目をしている。

最近気になった読み直したお知らせメモ

2012年6月13日の地球の謎解きさんのお知らせから一部抜粋
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20120613151346
>次の言葉もきついサインと共に言葉になったものですが、チャネリングですので真偽のほどはわかりません。嵐の夜、「ト0ヒ0です。光りの全くない真っ暗闇の中にいます。一刻も早くまともな世界に戻りたいので全てのことを話します。皇族の皆はヘビ使い座とその仲間なのです。・・・」皇族一人の葬儀費用1億8900万円。なんとしても低所得者からも消費税という名目で取り上げて、時の権力者が勝手に決めたことを当てはめて、このような使い方をされることに矛盾を感じます。人間として生まれてきたら目の前にあること(仕事なり勉強なり)”するべきことをする”ということが一番大切です。それはその人によって持って生まれた能力が全く違うので 一概には言えませんが、、、。そして、何事も人にしてもらって当たり前という思いで過ごしていくと、それはいつかはその反動が返って来るようです。 それは生きている間か、向こうの世界へ行ってからかわかりませんが、 星のツケを払うことができるのは、人間の時だけとは何度も伝えられています。今の政治に対しても色々なビジョンや夢などで警告をしてきています。

2007年5月22日のお知らせから一部抜粋
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20070522225635
#)↓の遺伝子のお知らせに補足をしておきました。http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20070520110409一番大切なことは、胎児でも星からくるイシキ(潜在意識)は大人ですので、子供といえどもそのことを思って子育てをすることが大切ですが、人間社会で独立して生きていくには、当たり前のことながら人間体験の豊かな親の庇護がなければなりません。
けれども成人になると、どのような道に進むとしても、そのイシキの思いを尊重し、離れて見守ることが大切ですが、その兼ね合いが難しくそれが人間としての学習になるのだと思います。

2006年4月24日のお知らせから一部抜粋
(消滅でなくエネルギーの変換をするようにと、クレームがありましたが、エネルギー体は少しでも残すと、隠れていて、スキあらばたちまち巨大化して、大きな悪影響がありますので、徹底して消滅しておく必要があります。
そうでなくてもエネルギー体は、あらゆるところで発生します。
耳に心地よい言葉、悪を愛で包むということが良いことと、宗教や精神世界がこれまで悪を隠し、育てていたので、今のようなひどい世の中になったのです

2008年4月16日のお知らせから一部抜粋
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20080416154738
 最近、これまでない残虐な事件(特に子供に対する)が異常に多いのはなぜかと思っていました。そして伝えてきたことの一部です。「それはカールセーガンたちが宇宙に向けて人間の形をした円盤を送り込んだことで、バシャルが地球を支配していた悪者の星のいうことを、面白おかしく伝えてまわったからです。それであらゆる悪い星から送られてくる思いが本となって世に出てきました。それらの本は悪を愛で包み込んで見事に形を変えて世に送り出されました。(新興宗教や精神世界など)それが悪者の星の企みだったのです。そして悲惨な事件を起す人間が生まれることになったのです。今、知らん顔をしている人たちも、これからさらにそのことに気づかされます。人間でありながら人間の創られた目的から大きく離れた人間が増えていきました。なぜ悲惨な事件が続くか、これまで悪者の星が教えてきたことだけでは決してわかりません。巧みに隠されているからです」寝る。http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040903122549
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050108204052

2012年6月16日土曜日

うぬぼれ、他を愚弄する人こそ、完全に支配されて満足している

以下地球の謎解きさんのお知らせより抜粋

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060919152103

(蛇などのビジョンが見える人は)と書いたことで、誤解を受けるといけないので、補足させていただきます。このようなビジョンが見える方は、イシキがしっかり外に出してほしいと知らせているので、顕在意識と共に外に出す努力をすることできれいになって行きます。何度も伝えているように、支配星に支配されなかった人間は、地球上誰一人いないと伝えられています。それで何も見えないから自分はきれいだとうぬぼれ、他を愚弄する人こそ、完全に支配されて満足しているわけですので、その後の人生はその人が見つめていくことになります。すなわち自己責任ということで、自分で対応していくことになります。ちなみは、私は厳しく書いているのは連絡役であって、私個人としてはツケを払うために、この仕事をしなければならないという、大きな任務を背負わされていることになっています。

2012年6月15日金曜日

北海道 千歳市 苔の洞門のお知らせ


地球の謎解きさんのソラ画像より
http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20120613120022

2012年6月13日(水)
苔の洞門の入り口?


ここが入り口?で今は崩壊の危機があるということでこれから先へは行けません。
ペトラのシクと似ていますが、ここは先に行くほど両側の岩壁は低くなり、抜けると樽前山に向うそうです。
http://www.city.chitose.hokkaido.jp/index.cfm/1,4458,140,14...

2012年6月13日(水)
苔の洞門への道


苔の洞門は支笏湖の舟乗り場の反対側にあり、このような海の浜辺の砂と同じような道が20分くらい続きます。
これは洞門を抜け出たナガイモノが、ここは今は山の中だけど海の傍にあったことを知らせているそうです。
http://www.city.chitose.hokkaido.jp/index.cfm/1,4458,140,140,html

言うべきことはキチンということが大切

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20061121203628
地球の謎解きさんのお知らせから抜粋です。

#)イシキが欝にしていた=情報の攻撃に対して反論することで治った。

ポーラのエステをしてから、ポラリスにつながったらしく、ひどい欝にさせられた方が、情報を攻撃している掲示板に反論を書き込まれたことで、劇的に欝が軽快していったというウソのような本当の話です。
http://sora.ishikami.jp/letter/index.php?id=20061121205132

この体験談はとても貴重だと思います。
見えない世界では、本当にこんなことでつながっていると驚きですが、現実に体験されたお話です。

以前より、言うべきことはキチンと言うことが大切と、私もいろいろなサインで何度も知らされていますし、実行するとそれは治っていきます。
(ただヤフーの掲示板などは見る気も、もちろん書く気もしないので断っていますが、、)
ソラから離れると、見守る役のロボットも離れるようで、邪魔をしているのがポラリスと言ってきたので伝えました。

私も98年にひどい欝になり家事だけは何とかしていましたが、何の楽しみもなく生きていて死んでいる状態と思いました。
今思うとニウたちと思いますが、当時は宇宙の神と呼んでいた存在と一緒にプレアデスの消滅を宣言しただけで、次の日から欝が劇的に良くなりました。
現在、精神科では欝がとても増えているようですが、肉体を持ってもイシキの思いが成し遂げられないので、イシキが嫌になって知らせているようです。
その場合、イシキが求めていることが何かわからないので困るのですが、欝は薬だけでは長期化していく場合も多いので、精神科学でも見えない世界に目を向けてほしいと思います。

お知らせからの抜粋以上で終わりです。

くじびきで、学校のPTAの委員の委員長となり、
色々な決められた仕事をこなすというのはなんとか頑張れますが、
私は人に言うべきことを言うというのがかなり苦手です^^;
こういうことは困りますのでやめて下さいね、といったことを他の委員さんに言ったり。
ですが、いろんな場面で言わなきゃいけないことを、人にうるさいことを言うのは
なんだか嫌だなとか、悪いかななんて思ったりして逃げて言わないでいると、
あとで色々問題がおきてきてしまい、色んな方に迷惑がかかってしまいました(><)
言いにくいことも言わなきゃいけないことは言うことは大切だとまたあらためて思いました^^

2012年6月6日水曜日

お知らせから


地球の謎解きさんのお知らせから
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20120605011458


2012年6月5日(火)
【追記】都の地震?政治家への警告、ミナノコ、太陽、ペトラ=カシオペア座、プレの王=ミケーネ(三毛猫)、キンリュウ=金魚?稲妻、

【6月5日追記】次のこともチャネリングの言葉ですので、真偽のほどはわかりません。昨夜寝ていて急に涼しくなったので、何か降りていると思いましたが眠くて寝ました。朝起き掛けに「なぜ、急に涼しくなったかというと、天皇だったもの(昭和天皇、以前のようにヒロヒトとは言わない)が降りているからです」「嫌になるほど責められています。邪鬼のいなくなった地獄の跡にいましたが、ここまで責めにきました」「どうして大地震のことを言ったかというと、ミナノコたちの考えなのです。竜巻が来ます。それは広い平野にきます」右大腿にサインあり。「(自分が直接人を)殺したことはありません。皆に戦争をするように言いました。ナラクにいるものです。ソラにあがりたいのですが、悪いことをしたのであがれません。若者が殺してやると襲ってくるのです。学ぶことは死んでからの方がいつまでも責められるということです。早く皇室を無くすように伝えてください。それが続く限り、地球に平和はきません。その原因は人間の平等と壊している皇室制がなくならないからです。そしてあまり知らないのですが、宗教のせいだと言われ続けています。今人々の苦しみをさらに強めようとしていること(消費税増税)が行われようとしています。その税の行き先をしっかり知らせてください。大勢の人を従えて見物したり話をすることは、人々から取り上げた税金を使っているだけです。遊びほうけた子弟を海外で学ばすために税金が使われることも許されません。(人間を通してこちらの世界から見ていると)ソラが怒るのもやむをえないと思っています。かって神と呼ばれたヒロヒトより。ナラクにくる事のないように知らせてください」(ちなみに昭和天皇の葬儀は約100億円だったそうです。毎年、皇室費 62億3千9百万円+宮内庁106億2千5百万円=170億円が10数人の皇族のために使われていることになります)http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/kunaicho/pdf/gaisangaiyo-h24.pdf   
丁度ひふみ神示さんも明治天皇のお知らせを紹介してくださっています。http://www51.tok2.com/home/slicer93190/koshin.html
以下のこともチャネリングなので真偽の程はわかりませんが!!、昨年末に知らせたことが、2012年1月1日の鳥島M7.2で起きましたので、とりあえずお知らせしておきます。イシキの世界のことだけかもかわかりませんが、6月4日夜中と明け方と2回、同じような言葉が出てきました。「小学生以下の小さな子供のミナノコたちが、大地震を起こすと言っています。都の近くで高波も起きます。いくら伝えても、次のことがなされないからです。それは人々からお金を取ることばかり(消費税増税)を政府の人は考えているからです。何度も伝えている人間の平等を壊して、巨額の税が投入されている皇室や宮内庁がそのままで、なんら変わりがないこと。そして支配星が支配するために創られた宗教は、人々の不安の弱みに付け込んでいるだけの悪徳商売なのに税を取っていません。それらからお金を回すことがまず最初にするべきことなのに、なされないからです。それでソラ(宇宙)で計画されたことを、ミナノコたちが実行するというのです。
千葉県大原漁港に大量のイワシが打ち上げられる!ミナノコがソラにあがったから?、その他3重の低い虹が関東で見られています。http://rocketnews24.com/2012/06/04/218077/
太陽の活動、過去20年で低下 地球寒冷化への影響は不明

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。

2012年5月30日水曜日

お知らせから


以下全て 地球の謎解きさんのお知らせより。


2012年5月30日(水)
目の星雲、アインシュタイン、E=mC2。、池田カネコ、蛇使い座の女王、細野大臣、土星の輪、幸福の科学のエネルギー体、ソラ画像、死後の世界より、

螺旋状星雲の“目”が、いわゆる“おてんとさん”が見ている目だと思わせて、一番強力に支配していたと思われたヘビ使い座などを育てた星のようで、バックで支配していたようで切り刻みました。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2012052102&expand
アインシュタインの大きく舌を出した写真は有名で、本人も気にいっていたそうですが、大きな意味が隠されていました。ソラからの情報によるとアインシュタインは“ヘビ使い座の大王”であり、人間を科学という名の元に閉じ込めてきた。そのことをヘビ使い座は舌を出して人間を愚弄してきた」と言葉になります。アインシュタインは原爆を推進し、ソラの情報と通じることがあるという量子力学を否定していたそうです。
http://arbroath.blogspot.jp/2009/06/print-of-iconic-einstein-photo-sells.html
難しいことは全くわかりませんが、アインシュタインの有名な相対性理論のE=mC2 の “Eはエントロピー(=情報量)としか発音できなく、ソラの解釈では「Eの形は、天と地と地下を結ぶことをあらわし、mはヘビ使い座が支配するミナノコたちが連なって悪さをする。Cの二乗は、丸(=輪になる=仲良くする)にならないモノ(C)が、とても多いことをあらわす」と。すなわちアインシュタインの相対性理論の基礎になる式は、宇宙でも地上でも、地下でも悪さをするもの(=ヘビ使い座)がとても多い(=強力)ことを知らせているということになるそうです。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%85%E5%A0%B1%E9%87%8F

2012年5月17日木曜日

受け継がれていない技術

世界中には、古代の人間が作ったとされているけれど、
現代の技術をもってしてもできないものや
何に使われていたかわからない不思議な遺跡がありますよね、
ピラミッドやストーンヘンジ、ナスカの地上絵、モアイなどから
精巧な石像、水道橋、ぴったりと組み合わされた石垣まで。

それらをもし人間が作ったとするならば、
ぴったりと隙間なく石を組み合わせたり、巨大な石を少人数で長い距離運ぶ
ということは、とても大事な技術だから、その技は伝統として受け継がれているはず
思うけれど、世界のどこにも少しも、ピラミッドの作り方だとか、ぴったりと石を合わせる
技術はどこにも、受け継がれているという話を聞いたことがないです。
何千年も残る壁画を原始時代の人間が書いたのなら、
巨石遺跡を作る秘術などを必ずどこかに書き残したりするはず。
遺跡はあんなに世界中にあるのに。

文明と接触していない部族が発見されることがあります。
下は…ペルーの未接触部族のニュースです。
アマゾン森林地帯に未接触部族、ペルー政府が近づかないよう勧告
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2854913/8400407
ペルーにはたくさんの遺跡がありますよね。
昔ながらの生活をそのまま続けているという未接触部族。
世界中にいるようですが、どこの未接触部族も
巨石を組む特殊な技術などを持っているというのも聞いたことがないです。

現代の技術をもってしてもできないとされる遺跡の
作るための技術がどこにも誰にも受け継がれていないし、
書き残されていないのは人間が作ったのでない、
人間には作れないから。

つたない文章ですみません^^;

では誰が、なぜどうやってそういった不思議なものを作ったのかということは
原子が意識を持っているという情報で解けていきます。
地球の謎解きさんで謎が解かれています。

2012年5月11日金曜日

ソラ画像より


地球の謎解きさんのソラ画像より
http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20120510204623

以下、画像文とも全てソラ画像からです。

2012年5月10日(木)
色が違う足


これは足がわかりやすいようにサンダルを脱いで固まったそうです。
このように人間が大理石を彫ることは決してできません。
作者のわからない生きているような石像は無数にあり、土の中などから出てきているはどう思われますか?
現代の石工さんは、大理石はどこに裂けていくかわからないので、卵しか彫れないと、TVで言われていました。
   
  2012年5月10日(木)
RomaのPalestorinaの遺物


ブロンズの手鏡のようなものは何かわからないのですが、銅鐸=イシジンたちの教科書のようでもあります。
丸い石器はミナノコやミナノモノが連なって長いものになった穀物模様を思い浮かべます。
http://sora.ishikami.jp/cropcircle/index.php?id=187
かってはオニと言って悪さをするものとして、厳しく糾弾されてきました。
   
  2012年5月10日(木)
Palestorinaの小さなブロンズ像


小さなミナノコのブロンズ像はこのような缶の中で創られたようです。
ここの博物館ではこのような二人の男の子の像と缶が、この他にも3個ほどありますが、他では見られません。
ここはいろいろな臓器のパーツや、ナイル川の氾濫のモザイクがある博物館です。
   
  2012年5月10日(木)
ソラにあがったミナノコタチ?


↓に書いたように、ミナノコタチの仕事は終わったのでゆっくりおソラでお休みくださいと心で念じた次の日、歩いていると突然ちょっと離れた所から、赤くて大きな風船がソラに上がっていきました。
ミナノコたちのイシキ!があがっていったと思いましたし「そうです」と言葉になります〈笑)。
   
  2012年5月10日(木)
ミナノコのイシジン


日本もヨーロッパも巨人から小人までのイシジン(木製、ブロンズ、石)が沢山残されていますが、このように小さなのはミナノコたちが集まったイシジン?だそうで「生きていたのです」と言葉になります。
これまで大きなイシジンのおもちゃかと思っていたのですが、大きなイシジンの召使いの働きをしていたそうで、そのミナノコタチが、お知らせ役が終えたのでソラにあがりたいと言葉になっていました。
それでおソラに上がってゆっくりしてくださいと、心で語りかけて来ました。
物質としては勿論残りますが、イシキはソラにあがったようです。↑

2012年5月10日木曜日

人間が作ったものと、イシカミさんの体が変化したものの違いなのかな

首都高速1号羽田線が深刻な老朽化 無数のひび割れを補修した跡
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00222477.html
>建設から半世紀がたち、まさに傷だらけの首都高速道路では、1兆円規模の大規模改修に乗り出した。
>橋脚の一番上の部分と橋げた、そこをつなぐ部分がゴムに替えられたことによって、耐震のための補強になっているという。
>橋脚をジャッキアップして、橋げたとの間にゴムを入れる耐震対策だが、巨大地震が来た場合、はたして首都高は耐えられるのか。
>一方、老朽化が懸念されるのは、首都高だけではないという。
>防災システム研究所の山村武彦所長は「例えば信号機とか橋、あるいは高速道路、一部のトンネル、そういったものが、インフラとしては危険な状況になる可能性があるんですね」と話した。



こういった老朽化のニュースを何回か聞きました。
命に関わるかもしれない大事なものだから、作るときの最新の技術でまた、耐久性があるように
作っているはずなのだと思いますが、
何十年かして老朽化してきてしまい、危険な状態になってしまっていますよね。

古代の壁画やピラミッドや石像、水道橋、古墳とか…何千年何百年前のものなのに
形を保つことができているのは、人間が作ったものでないからなのだろうな~と思いました。

2012年5月8日火曜日

ヘビ使い座の悪


地球の謎解き さんのお知らせから
http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20120507235709
2012年5月7日(月)
ハドリアヌス帝の別荘とケシの花


今回は、これまででどこより一番赤いケシの花が沢山咲いていました。
そしてこの庭園には鮮やかな緑色のトカゲが4,5匹いましたが、そのことで思わぬことを伝えてきました。
その前後にイメージやビジョンで、ポットに入ったトマトジュースや、キャベツ人形?のようなものを見ていますが、トマトとキャベツはイシカミが人間のために与えたものということです。
それに反してヘビ使い座は、赤=ケシ=麻薬、緑=タバコの葉=タバコで人間を支配してきたということを知らせてきました。

========================

イシカミさん、食べ物を考えてくれ、食べ物になってくれありがとう。
 

2012年4月30日月曜日

PTAの役員は、他の方と知り合いになり、色々困ったことを相談したり、
助けられたり助けたりしつつお仕事したり、少しはいいこともありました。
でもアルバイトを早引きしなきゃいけないことも多くて、
言う委員さんもいるので、
(文句言うなら、委員長を今からでも引き受けて欲しいのだけど)
大変なこともあります。
でも勉強になるので、今与えられた役割を頑張ります。

2012年4月26日木曜日

PTA

くじ引きで子供の学校の○○委員長なる役に当たってしまいました。
なってしまったからには役割をこなすしかないなと思います。

PTAで検索したらこんな記事があったので、参考までに、、
http://no-pta.com/modules/d3forum/index.php?post_id=450
(社)日本PTA全国協議会の役員には給料・賞与・退職金まである。
>共働きなんて当たり前の世の中で、学校単位のPTA役員はなり手がいなくて本当に困っている。>皆が仕事との両立に苦労しながら、ボランティアで役員をこなしている。
>役員に給料・賞与・退職金を払ってまで(社)日本PTA全国協議会を維持する必要はない。

日本PTA会館の維持管理基金として6千万円が計上されている。
>日本PTA会館は、いったい誰のものだ??? 普段は何に使っているのか?
>基金を設立してまで日本PTA会館を維持する必要はない。

学校でお仕事しながらとか、下に小さいお子さんがいる方、介護をしながらも、
PTAの役員されている方もいると思う。みんなボランティアだと思うのですが、、
上のような甘い汁を吸っている方がいるのなら、大変ななか業務を引き受けられる人も
いるから負担を減らしてほしいなと思います。

委員長なんて本当に嫌だけど(><)
たぶん、自分のイシキが自分に足りない部分を勉強したくて、望んだ経験。
そのときは大変でもあとで良い経験をしたと思えるかもしれない。


2012年4月4日水曜日

嫌なことも “必要があって起こった”  と、それを前向きにとらえて乗り越えると、必ず後から納得出来るようになると思います。

「地球の謎解き」さん2003年1月17日のお知らせから一部抜粋
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20030117121013

>宇宙人云々も、“98年までには本当にあった!” と今でも思っています。
これに関して書くと長くなりますが、瞑想をさせて乗り移る計画だったということです。
瞑想して自分をカラにすると、いたずらエネルギー体などが乗り移ってきて、人間をコントロールしようとすることでもあります。

>ソラやイシカミに意識を向けると、 本当の意味!で悪いお知らせはないはずです。
ただ何度も言っていますが、イシキ (潜在意識) の考えは顕在意識とは違うので、現実には嫌なことは起こります。
それはイシキが “進む道が違っていますよ” と知らせたり、
“これまでのカルマを一気に清算しよう” とか、 
“あまり平凡なのはタペストリーが綺麗でないので変化を求める” とか
その人のイシキが思うので知らせているようです。
けれども嫌なことも “必要があって起こった”  と、それを前向きにとらえて乗り越えると、必ず後から納得出来るようになると思います。

2012年3月23日金曜日

宗教の実態

「地球の謎解き」 さんの皆さんのお便りから

祖父が大本教信者で崇教眞光、創価学会の呪縛から逃れられた方より

http://sora.ishikami.jp/letter/index.php?id=20120321184129

貴重な体験談です。


地獄に落ちるとか、死ぬとか、脅して、人をだましてお金を吸い上げている。

それでも宗教法人は税金を優遇されているんですよね。

2012年1月25日水曜日

祖母が亡くなり、告別式などに出席しました。
子供のころは母が忙しかったから祖母が半分母のような感じでした。
祖母はキリスト教だったので、キリスト教式で告別式などが行われました。
告別式など、歌いたくない賛美歌を何度も歌わなくてはいけなくて、
どうやら無理に連れてこられた教会関係の子供が、まだ終わらないの??
と後ろでぐずっていたりしました。
形式ばった儀式の告別式というもの必要ないように思えました。
家族が少し落ち着いたところで、無宗教で集まりたい人だけ
集まってお茶会のようなお別れ会みたいな感じで送れるのがいいなと思いました。

2012年1月23日月曜日

夢の記録

誰かに、私たち家族3人連れ去られる。
カンボジアかベトナム?のどこかで家族で魚加工の強制労働をさせられる。
外へは出られないようになっていて、他にも強制労働させられている人々がいる。
夫は帆立の殻外しをさせられている。小さな子供も労働させられている。
うちの子供が体調を崩し、少しは良心があるらしく外部に入院させてもらえることになる。
入院するために私たちも一時外出許可を取ることができ、そこから逃亡する。
間一髪でみつからずに逃げて、日本に戻る。子供も体調が戻り、元気になっている。
私たちを日本から外国へ連れ去った男を見つけ、
自分たちの身の危険もありとっさに鉄パイプで殴りつけるが、
ほとんどダメージを受けないようで、どうしようと思っている。

2012年1月20日金曜日

危険な石原都知事

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120105/stt12010522380008-n1.htm
msn産経ニュースより
>昔から日本は核装備すべきだと思っている。それができないなら、スーパーコンピューターで核のシミュレーションだけでもやればいい」などとし、

2012年1月2日月曜日

消費税を上げないで、宗教法人の課税と、皇室をなくしてほしいです。

元旦から大きな地震M7でしたが、大きな被害とならなかったことに
感謝です。だけれど、女性宮家創設を検討とか、消費税が上がるとかの
ニュースを聞いていると…これからが心配です。

震災後、宮城から東京へ引っ越し、うちのわりと近くにできたのは
公明党の支持母体の創価学会の立派で大きいピッカピカの会館。
引っ越してきたあとしばらくして、つまり震災のあと建設が始まりました。
そして、昨日は、出かけ先で、栃木の「幸福の科学」の会館の前を
通りました。なんと巨大で立派な建物!
こーんなに立派でペッカペカの建物を建てられるところの
税制を優遇し続けて、消費税を上げるのはおかしいです。
政治家やテレビに出ている人たちも、
消費税を上げるくらいなら、宗教法人に課税しようと
言うのを聞いたことがない気がするのですが…。
皇室のことと同じで、どうして触れてはいけないことのように言わないんでしょうか?
国民のことや震災復興のことをもし考えているなら、
皇室制度をなくして、宗教法人の課税をしてから、消費税の増税を
考えるべきですよね。

ソラ仲間

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

HP「地球の謎解き」の読者として、
知り合うことができたソラ仲間同士の子供同士も仲良くなったり、
ソラ仲間と知り合いになれたり、全国あちこちで
会えたり、助けてもらったり。
ありがたいし、楽しいことです。