写真はクリックすると大きく表示できます。

2011年12月26日月曜日

何が真実か、人のイシキは皆、知っています

以下、全て 
2006年7月21日の地球の謎解きさんのお知らせから一部抜粋

(以下もチャネリングの言葉ですので、真偽のほどはわかりません
天皇の参拝中止の意味
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/K2006072001880.html
を読んでいると、左手中指にサインあり。
「一番卑怯なことです。
(昭和天皇の言葉は) 宮内庁の洗脳が功を奏したのです。
長い間 (43年に渡り) “(天皇は) 戦争の責任は一切なかったと思ってください”と言われ続けたからです。
(ラップ音あり)
亡くなった者には時間はありません。
なんとしても皇室制を続けたい人たちの言い訳で、宇宙からの知らせは更に強く計画されるでしょう。
何が真実か、人のイシキは皆、知っています」

寝る前に目を閉じると黒い輪が見える。意味を問うと。
「昭和天皇です。
ソラのものに叱られて降りてきました。
(↑の) 言われるとおりです。
すまないと思っています。
私が言った言葉ではないのです」
(右奥歯にサインあり=本当?)

「(A級戦犯を) 一緒にしてほしいと言ったのは私です。
(私って誰?)
戦争の協力者です。(靖国神社の宮司?)
(伊勢神宮の) 宮司が言ってきたのです。
(A級戦犯も) 一緒に祭るように、伊勢の巫女が (チャネリング?=神の言葉として)言ってきたのです。
それを (靖国神社に) 伝えてきたのです。
言われたのでそれで一緒にしたのです」

「天皇に戦争の責任はないと、国民の誰もが思わされていたからです。
そして長い年月で、天皇もそう思うようになったのです。
(松岡、白鳥など) 名指しで言う人に、(東条など側近だった人の) 名前がないことでわかるでしょう。
彼らは天皇の命令で動いていたからです。
いつも話していた人のことは言えなかったのです」

(天皇は松岡や白鳥を名指しで言われていますが、イタリアが降伏をした時に、日本も敗戦を受け入れていれば、原爆も落とされなかったでしょう。
なぜ、ドイツが5月に降伏しても8月まで戦争を続けていたかいうと、チャネリングでは、「日本は神の国なので神風が吹いて勝つ」と戦争をそそのかした伊勢神宮の巫女の言葉(=神の言葉として)を信じていた天皇と皇后が言ったからと伝えられていることも、全くのウソとも言えないと思います)

2011年12月22日木曜日

記録

家の中に蛾がいて、駆除。
レタスを買ったら、レタスはあまり虫がつかないと思うのだけど、
中に虫がいて食っていた。

2011年12月21日水曜日

>何よりもこれまでの戦争は全て天皇の名の元に行われたのに

東奥日報から
http://www.toonippo.co.jp/tokushuu/danmen/danmen2004/0608_2.html


>ご夫妻が暮らすのは、皇居から西に約二キロ離れた東宮御所。秘書役の「侍従」「女官」各四人のほか、直近の身の回りの世話は、内舎人(うどねり)と言われる男性職員、女嬬(にょじゅ)、雑仕(ざっし)と呼ばれる女性の衣服担当、清掃担当が各四人。調理や警備を含めると、総勢約百人が二十四時間態勢で仕え、「独自の世界」を形成する。


東宮御所だけで100人が24時間体制で仕えているのですね。
なぜこんなばかばかしい制度を続けようと女性宮家まで必死でつくろうとしているのでしょうか?

東日本大震災後、「地球の謎解き」さんの2011年3月14日のお知らせから
以下すべて一部抜粋

なぜ地震と皇室と関係が有るかと思われるでしょうが、今回の惨事は宇宙規模の計画と伝えられています。
意識を持っているのは、人間だけではありません。
なぜ、このように繰り返し、起こるか?
宇宙は平等が一番の原則と繰り返し伝えられ、平等をあらわす”ヘ”リウムが宇宙では一番多いことで知らせています。
ソラからの情報をまとめたものです。
http://sora.ishikami.jp/images/sora_ishikami_jp.pdf
皇族10数人に部下(宮内庁)の職員1000名、その費用数百億。
そのためだけの専属の警察、消防署、病院、牧場などの無駄遣いで、仕分けになぜメスが入らないのか不思議です。
根拠もないのに遺跡を勝手に皇族の古墳に指定し、学者すら入らせないなど時代遅れもひどいものです。
皇族も籠の中の鳥の状態で、その悲劇を皇太子妃が知らせています。
一人の葬儀や結婚式に1億円、何よりもこれまでの戦争は全て天皇の名の元に行われたのに、なんら責任を取る出なく優雅に人生を送りました。
その戦争責任の実体は、ネット上ではこれでもかというほど出ています。
厳しい環境の中、ホームレスがあふれているのに、広大な土地で自然に囲まれ優雅に暮らすというのは、平等とは程遠いものです。
ソラからの情報もそれは詳しくいかに皇室の祖が悪事をしてきたか、いかに今の皇室が隠れてリュージンを祭っていたか詳しく知らせてきています。
http://sora.ishikami.jp/stories/yamataikoku.html

19時追記
なぜ繰り返し宮城県で起こり、特に登米市の名前が出てくるのかというと、何度も言っている宮城(皇居)の身代わりで、皇室制を”止める”ようにと警告しているのです。
地震となんら関係ないようですが、
【人間の平等を壊している一番の原点が皇室です】
と繰り返し、ソラからは知らせています。

ただ、ひとつのことで、今以上の悲劇は避けられると言って来ます。

【皇室制をやめて宮内庁をなくする】

ということをとりあえず実行してほしいことなのですが、政府に伝えても無視ですので、更なる異常事態が起こってくると言葉では知らせてきます。

【3月15日17時半追記】
これまでのお知らせと体験が今とつながっているようです。
http://sora.ishikami.jp/jhistory/index.php?id=20090613214940

2011年12月19日月曜日

夢の記録

仲間1人か2人と逃げる害虫を駆除しようとしている。
クリーム色のかなり大きめの蛾のようだが、なかなかつかまらない。
つかまらないまま目が覚めた。

現実には、プランターに植えたカキ菜の芽を食べてしまった
小さい青虫を駆除しました。

2011年12月15日木曜日

大きい大きい人と 小さい大きい人と 小さい小さい人と ソラの原子さんたちのオハナシ

ウェブ絵本
http://sora.ishikami.jp/images/mov_sora/sora_story.html

文章も絵もとっても可愛いです。
キオクソウシツの小さい小さい人が宗教などを信じて戦争したりしているのを、
大きい大きい人と小さい大きい人は悲しく見ているんですよね。
早く小さい小さい人の記憶が戻りますように。

夢の記録

昨日の夢
ソラ仲間さんの誰かと金髪の女性が結婚した?ようで、その写真を見せてもらっている。
今朝の夢
夫には私のほかに少なくとも3人の奥さんがいる。3人のうち2人は私の中学や小学校からの同級生の友達。私よりも早くに夫に嫁いでいる。
私が正妻のよう?他の奥さんは、皆、生活費さえ出してもらえばいいようで、夫のことを別になんとも思っていない。
場面は変わって青い小さな靴のような1人乗りの車を運転している。オープンカーのようになっていて屋根も窓もない。右折をしようと3つある右折レーンのうち真ん中のレーンに入ったときに、しまった、この車はヘルメットをしなくてはいけない決まりなのに、していなかった!ということに気付き、ここからどうやって帰ろうか困っている。

柔道の必修化に反対!

中学校での武道必修化、子どもの柔道事故に懸念
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2781906/6629423
中教審が伝統文化重視ということでそうなるそうで
2012年度からするそうで、柔道を極めたウチシバがあんな事件を
起こして、、武道をきわめても人間形成にはなーんにも役に立たないことは
明らかです。

2011年12月8日木曜日

太平洋戦争開戦の日

今日は太平洋戦争開戦の日なのですね、

地球の謎解きさん
2005年6月17日のソラのQ&A「###【私の体験の一部、伊勢神宮と皇室】###」 から
一部抜粋

その他太平洋戦争は昭和天皇と皇后が、日本がもっと大きくなれば良いという言葉から、伊勢神宮の巫女が「日本は神の国なので、必ず勝てる」と言った事を、天皇が東条英機に相談し、東条がそれを忠実に実行していったと言葉になりました。
満州事変を起こした人の霊が降りてきて、詳しく知らせて来たことも現実の記録を読むとあっていたり、終戦の宣言が遅れたことも(伊勢神宮の巫女が必ず神風が吹いて勝つということを信じていた?)詳しく言葉になり、思ってもいなかったことなのでとても驚きました。

そして日本の年号は全て伊勢神宮の巫女のチャネリングで決まったとも知らされ、あまりにも内容が合っているので、これも驚きました。
* 明治 =メイジ= 目(メ)で見えること (見た目が恰幅の良い身代わり天皇) を神として 祈 (イ) のらせる (ジ)時代。 
* 大正 =タイショウ=メイジ天皇と 対象的
* 平成 =ヘイセイ=この情報を聞いても 平静でいるように。
* 昭和 =ショウワ=小さな輪=大東亜共栄圏

注: 大東亜共栄圏=第二次大戦中に日本が唱えたスローガン。欧米の植民地支配に代わって共存共栄の新秩序をアジア地域に樹立すると主張して、日本の侵略政策を正当化しようとしたもの。 [新辞林 三省堂]



以下全て、2003年1月29日のお知らせから一部抜粋


又、那覇空港では戦争で亡くなられた軍医さん (モリヤさん?) のイシキが降りて来られ、戦争の悲惨さを訴え、皆さんに知らせて欲しいと泣きながら言ってこられました。
私は、かって人間だったイシキ (霊) が降りても、いわゆる乗り移つられると言うことは殆んど無いのですが、涙が頬を伝い悲しみの感情が良く伝わりました。

想像を絶する悲惨な体験をされた方たちのことを決して忘れてはならないと思いました。

2011年12月7日水曜日

なぜこのようなあらゆる苦痛を与えられたかわかりました。それなのにまだ (皇室制度が) 続いているので…

以下「地球の謎解き」さん 2005年3月28日のお知らせから一部抜粋

流氷はなかったが砕氷船に乗ってのクルージングの時、左肘にサインあり。

「海の下* (中?) にいます。
小さな命となってこの下にいます。
(アムール) 川* を下ってやってきました。
シベリアで (戦争で捕虜になり) 亡くなった者です。
殺された者です。
知らせたい事は折角人間として生まれたのに、人間としての極限の苦しみを与えられた事です。
こちらに来て (亡くなって) から、なぜこのようなあらゆる苦痛を与えられたかわかりました。
それなのにまだ (皇室制度が) 続いているので、ソラのものから伝えるように言われたのです」

人間として生まれながら極限の苦しみをさせられたのは、天皇のためでした。

以下「地球の謎解き」さんの2005年2月5日のお知らせから一部抜粋

2005年2月6日 クワイ川マーチのメローディが浮かんで目が覚める。
「戦死者*が降りてきています。
戦死をした者です。
肉体から離れて家に帰る事なく、さ迷っていました。
その思いが大勢集まり、嵐となって知らせていたのです。
この苦しみをあまりにも(今の日本人は)知らないからです。
人間として生まれながら極限の苦しみをさせられたのは、天皇のためでした。
その無念の思いが今なお解かれていないのに、その子孫はのうのうと暮らしている事に憤りを感じています。
そのために知らせる事は皇居の崩壊を願う事です。
それがついになされる事になり、戦死者は諸手を挙げて行動します。
名のない星のものはそれを許してくれました。
(左足にサインあり)
内宇宙に行くにはシベリア(の事を知る事?)が大切です。
そこの戦死者にもしてやってください。(意識を向ける事?)」寝る。
【ビジョン】
“後ろ向きの象が向こうへ行く”
「地球のイシキが人間の思いが変わらない事に嫌になって出て行こうとしているのです」
* )(右人差し指が痒い)
「白い北国のイシカミです。
(ソラ)仲間に知らせてください。
私たちを見てくれてありがとう。
かわいそうな戦死者達のイシキは、今仕返しに日本に向かいました。
何もなかったように生きている皇室の人々に、今鉄拳がくだされます」

*)戦死者=昨夜玉砕の島のサイトを見て涙が出ていました。
http://sora.ishikami.jp/url.php?http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/gyoku.htm

2011年12月4日日曜日

「天皇の名の元に、皆死ぬ事より苦しい思いをさせられた事を忘れないでほしいからです」

NHKスペシャル 日本人の戦争 第二回 太平洋 絶望の戦争を途中から見ました。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/111204.html




メモをとっていなかったところもあるのですが、
ニューギニア兵として行って生き残った方が、現地の悲惨な状況を証言されているところから見ました。自決するのに自分ではできないから殺してくれという兵もいて、やりたくないから下士官か班長にやれと言ったけど嫌だというので、自分がそのひきがねをひいたこともある、親が聞いたら何と思うだろうか。と、涙を浮かべておられました。飢えと病気で、多くの方が亡くなり、他の方のインタビューでは、蛆虫が目などから沸いている人に助けを求められたが、自分もやっと歩いているほどでとても助けるなんてできなかった。など、あまりに悲惨なのでニューギニアのことはもう思い出したくない、たくさんの元兵士の方が悲惨な状況を証言されていました。


沖縄の伊江島のところからメモをとりました。


伊江島の上空から映像。島の中央あたりに突き出た岩山がありました。伊江島のイシカミさんは
辛い思いでこの戦争を見ていたのではないでしょうか。


伊江島住民3000人のうち1000人が戦場に動員された。14~16歳の男子は青年義勇兵。
女性たちも看護班とされた。アメリカ兵上陸後3日で島の半分が占領されてしまい、青年義勇兵にも突撃命令が出された。
救護班の女性たちも前線に砲弾を運ぶ任務をした。


当時18歳元救護班おおしろさんの証言。
日本兵、義勇兵、救護班の人たちとともに、壕に追い込まれた。
壕を出て、最後の総攻撃をしかけることを決める。おおしろさんは幼い妹がいるので
残された。出て行った他の救護班の仲間の女性たちが、生き生きと踊りでも見に行くように、手柄を立てようねと
出て行ったが戻ってこなかった、誰も。(皆亡くなった)




当時9歳、国民学校生徒のなみさとさんの証言。
砲弾の音がとどろく中、壕に生後6ヶ月の弟と母と避難した。子供(6ヶ月の弟)が壕の中で泣き、
皆がいらつき、他の住民か日本兵が?20歳くらいの義勇兵に、(子供を)「撃て」と命じる。
言葉にも文字にも表せない壕の中の異常な緊張感の中、母は弟を息ができないくらい
胸に押し当てて、殺した。母は戦後はふさぎこみ、亡くなる間際、子供の名前を叫んでいた。


伊江島では90の家族が一家全滅。1500人の住民が亡くなった。


長い戦後、自らを責め続ける元兵士の方々のお話。
旧ニューブリテン島兵士 もんでんさんの証言。戦場を撤退するときにまだ息のある兵士を置き去りに
するように命ぜられた。すっかり高齢になられたもんでんさんが喘ぎ泣く。
どうせもう死んではいるのだろうけれど、自分で自分が許せない。と証言されていた。


ルソン島元兵士 佐野さんの証言。
中隊長として、部下に死を覚悟の切り込みを命じ、自らも突撃した。
部下の名前を書かれたノートの名前を見ながら、死んでしまいました。と話される。
約200人の部下のうち、戦場から生き残ったのはたった4人だった。
佐野さんの奥さんが、この人は外に出かけないと言う。戦後、子供が家や病院を建てたときも
決して出かけなかった。
あれだけ人(部下の兵士)に死ぬことをすすめてきたのに、自分が遊びに
行くわけにはいかない、「戦争だけは絶対にしたらいけない」この証言をしたあと、
3ヶ月後、佐野さんは亡くなられたそうです。










以下すべて「地球の謎解き」さんの2005年5月31日のお知らせから、一部抜粋。


2005年5月31日21時 右側頚部にややきついズキズキとしたサインあり。
聞くと。
「地球です。
私がきついお知らせをして欲しいと頼んだのです。
それは苦しいのに、イシカミが地震を起してくれなかったからです。
(宮崎で震度4の地震が起きて) いま少し楽になりました」


2005年5月31日 11時4分ごろ  震源地 日向灘  深さ 30km  M5.7


(お知らせはこれだけで良いですか?)


「まだお知らせする事があります。
ミンダナオ島で元兵士が居ると言わせたのは、イシキに降りて (幽霊の姿?を) 見て貰ったのです。
本当に悲惨な事だったのに、みんな忘れてしまいそうだからです。
(戦争の時の) その苦しみを、イシキは皆に知って欲しいという思いを持ち続けているのです。
天皇の名の元に、皆死ぬ事より苦しい思いをさせられた事を忘れないでほしいからです」


書くことでズキズキ感は完全になくなりました。

2011年12月3日土曜日

皇室、王室制度は要りません

以下、hp「地球の謎解き」さんの最新のお知らせより

皇室制反対、ソラからの警告http://sora.ishikami.jp/url.php?http://www.asahi.com/politics/update/1202/TKY201112010735.html
“「女性宮家」へ勉強会 内閣官房と宮内庁、非公式に開始“というこのことで顕在意識はとてもあせっています。
先日珍しく東京湾で震源の地震がありましたが、そのことの話が始まっていた頃で、宇宙(ソラ)の意識体はそれを知って警告したようです。

【2011年11月23日(水) 15時28分 15時23分 東京湾 M4.0】

2005年にも警告されていました。
http://sora.ishikami.jp/url.php?http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20051021132246

何度も繰り返しますが、宇宙で一番大切なことは【平等であること】で、それを一番壊しているのが、一番古い皇室と威張っている日本の皇室制であると、繰り返しソラから伝えられています。
http://sora.ishikami.jp/url.php?http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20111119070254

平等とはあまりにも程遠く、虐げられた人たちの助けを求める声が宇宙の果てまで届き、それがいつまで経っても良くならないどころか、ますますひどくなっているとは、現実の世界のニュースなど見ていてもよくわかります。

それで今のままの地球でなく,平等になるように地球の大変革がなされる計画が宇宙(ソラ)でたてられたということで、3・11の大震災が起こされたということは前述の通りです。

これでもかと宇宙(ソラ)が警告として宮崎、宮城、新宮市など“宮”の付く地名に災害などが多いのは、地球の真実を口から口に伝えてきたのを、ウ冠で蓋をして偽の歴史、皇室を創りあげているからです。

平等が守られない天皇制が続く限り、宇宙で地球の平坦化の計画がたてられそれが粛々と実行されると繰り返し伝えられています。
その指令が地球中の原子たちに届き、それぞれの集団が行動を開始することで、地球上の異常な出来事や、これまで起きたことのないような異常気象などになっています。
リンク集にいろいろな関連することを紹介しています。
http://sora.ishikami.jp/url.php?http://sora.ishikami.jp/link/index.html

地球上の原子たちが突然行動を起こすことは、3・11の震災でもそうでした。これまで水と砂だけのビジョンなどで、地球の変革のようなことを伝えてきていましたが、そのまま発信すると余計な不安を与えるだろうと思い、見えない世界のことだと解釈をし公開していました。

けれども今思うと、その前年末位から異常な雲で知らせてきていましたし、3月に入ってから切羽詰った言葉が出てくるので、3・11の真夜中に政府に連絡はしたのですが、なんら反応はなくあのような震災が起きました。
そのように突然知らされることがあるので、今回もとても気になるのです。

これも繰り返しお伝えしていますが、歴史書は当時の権力者の都合の良いことのみ残されています。
それをあたかも真実のように国民をだまして、侵略者を天皇と崇めてこれまで悲惨な戦争を強いられてきたことを、宇宙(ソラ)はよく見ています。
今はネットではこれまで隠されてきたことが、ようやく日の目を見ることができるようになりました。
それまで思いもしなかったこともソラからの言葉で詳しく知らせてきて、現実に研究されている方との意見が一致して驚いています。

先日も資本主義うんぬん・・・と過激な言葉も出てきていますが、現実に日本経済がどうなるかわからないというこの時代に、前時代の悪しき風習の皇室制のために巨額の国民のお金を使うことは断じて反対です。
アフガニスタンの人権活動家のジョヤさんが、黙っていることは、相手に加担していることだと痛烈に言っていましたが、このことに関して私も全く同感です。

私に体験【皇室と伊勢神宮】
http://sora.ishikami.jp/jhistory/index.php?id=20050617123305