写真はクリックすると大きく表示できます。

2011年10月22日土曜日

マラライ・ジョヤさん

http://sora.ishikami.jp/ さんから…
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20111019161825
2011年10月19日(水)イスラエル兵の帰還、平和運動、イラク自由会議、マラライ・ジョヤさん、ネボ山、竜骨座、ホシハラの真実?
以下のことはチャネリングの言葉で、イシキの世界のことを伝えていますので真偽の程はわかりません。パレスチナに囚われのイスラエル兵が5年ぶりに帰国というこのニュースを読んだ後、右肘、今朝は右ひざの内側という変った部位にサインがありました。
http://www.cnn.co.jp/world/30004313.html
真夜中、突然かすかに「ヒラいているのです。開いているのです。ミナノモノ(の意識体)です。(何が開いているかなかなかわからなかった)パレスチナとイスラエルの門が開いているということです。ミナノモノが石について話したのです。(ソラの情報=目には目を・・・は復讐の教えでなく、地球の富の分かち合いの教えを両国の人を介して話した?)A(さん)がハマスに知らせたのです。今を生きることが大切だと、ソラの情報では言っていると」右カカトにキツメのサインあり。「グループ(NPO)になって(ソラの情報を)広めていること。イランの人がソラの家(NPOの家)に行ったこと。イランでは(ソラの情報の一部である)地震と雲の翻訳がなされて本が送られているということを伝えたのです」と言葉になりました。地球の平和のために知らされていることも、個人で情報を広めることには限界があり、パレスチナのドキュメンタリ監督の勧めもあり、この情報を理解し、地球の平和のために応援しようと思ってくださる方たちが、“NPO地球の平和のための謎とき会”を結成してくださり、ソラの情報の冊子やシオリなどを各国に送って活動をしています。これまでからお伝えしていますように、ソラの情報はこれまでの常識を覆し、全ての宗教や皇室の廃止などを繰り返し伝えてきますので、ネット上で今も?攻撃をされているようです。それでこの謎ときのHPで紹介すると、NPOの方にまで影響が出ると思い、このサイトではできるだけ紹介は避けてきました。http://npo-nazotoki.jp/archives/leaflet_vol01.pdf
のNPOのシオリを英訳してもらって各国に送っていますが、先日パレスチナの留学生だったAさん(以前に友達物語のアラビア語の翻訳をしていただいた)に、会員を通じてこのシオリのアラビア語の翻訳をお願いしていました。宗教のことが載っているので無理かなと待っていましたら、夜中の3時ごろに「翻訳をすることに了解した」と連絡があったそうです。私もAさんと2度お会いしましたが、どちらかというとAさんはハマスよりの考えだと言われましたので「土地を追われた気持ちは計り知れない苦悩でしょうが、人間として生きるのはとても短いので、子供たちに復讐ばかり教えるのでなく、今の人生をもっと苦難からできるだけ避けて生きてほしい」というようなことを伝えました。これまで日本の平和団体?にこの“イスラムの本当の教え”を伝えてきましたが、全く無視?で、全て自分たちがしていることが正しいと、いかに相手が悪いかという映像などを広めています。そしてイスラムの人たちの憎しみを煽ることの活動がほとんどなので、和平に近づくことなくさらに遠くになると思っていました。ソラからは彼らの活動に対して、それは厳しい言葉で知らされています。「スンニでもシーアでもない、われわれは人間だ」と宗教、民族によらない国を、というIFC(イラク自由会議)の方の講演を聞き、全く同じ思いをされているのでとても感動しました。http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20101215003835
講演者の方にソラからの物語の冊子や、シオリなどを差し上げることができました。このように直接この情報を伝えたいと思いテヘラン大学にお勤めで、震災地へ“希望”という俳句集を届けに来日された、地震と雲の翻訳者のゴドラッド・ザーケリーさんをNPOのソラの家にお招きいたしました。ご一緒に行動をしてこれまでイスラムの男性というイメージが180度変り、会員ともコンタクトを続けておられイランがとても身近に感じられています。次はアフガニスタンの女性活動家のマラライ・ジョヤさんが来日されていますのでこの情報をお伝えしたいと思っています。http://rawajp.org/?cat=28

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません



http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20111022111518
2011年10月22日(土)アフガニスタンの女性活動家 マラライ・ジョヤさんの講演会

 アフガニスタンから元国会議員マラライ・ジョヤさん来日 平和・人権・民主主義を語る講演ツアーのお知らせ 

昨日講演を聞いてきましたが、言葉であらわせないくらいです。
一人でも多くの方に聞いていただきたいとご紹介させて頂きます。

10/22(土)13時半 京都(地下鉄・今出川、京阪・出町柳)
 同志社大学 今出川キャンパス 明徳館 M21
 ★「アフガニスタンの民主化と今後の課題
              ~アフガン女性の視点から」

10/23(日)13時半 大阪(JR・吹田)
 吹田さんくすホール
 ★「私は声を上げる!
    祖国アフガニスタンに自由と平和、民主主義を求めて」


10/25(火)14時 東京(地下鉄・国会議事堂前)
 院内集会 参議院議員会館 一般参加OK

10/26(水)19時 東京(JR・御茶ノ水、地下鉄・神保町)
 明治大学リバティタワー6F 1065
 ★「アフガニスタンに自由と民主主義を求めて
                  元国会議員の闘い」

10/27(木)15時 名古屋(地下鉄・日比野)
 名古屋学院大学 白鳥校舎 翼館302号室
 ★「アフガニスタン社会・女性・国際協力」

10/28(金)16時半 大阪(阪急・石橋)
 大阪大学 豊中キャンパス スチューデントコモンズ
 ★「アフガニスタンで平和を創るということ
               ~イスラムと女性の現在~」

10/29(土)13時半 京都(京阪・出町柳)
 京都大学 吉田南キャンパス 人間環境学研究科 地下講義室
 ★「祖国に自由と真の民主主義を求めて
           ~占領・軍閥・原理主義との闘い~」

地図など詳しくはRAWAと連帯する会のHP: 
http://rawajp.org/  

ということです。

0 件のコメント:

コメントを投稿